Q&A

税務Q&A

2022年9月13日

 当社の役員Aは、今年の3月15日に私傷病にて死亡しました。
 
 当社の給与支給日は、毎月25日のため、同年3月25日にAに対する3月分の役員給与50万円をAの妻に支払いました。

 この給与に、源泉徴収をする必要があるのでしょうか?

  回答を見る »

2022年8月10日

 当社は、個人事業を営んでいたAが10年前に法人成りをして設立された株式会社です。

 この度、Aの個人事業時代から在職していた取締役Bが退職したため、役員退職慰労金を支給することとなりました。当社の規定によりますと、支給額の算定に当たり、退職者の在職期間にAの個人事業時代の在職期間も含めて計算することになっているのですが、Bに対してもこの規定に従って支給額を算定し、役員退職金として損金の額に算入しても問題ないでしょうか?
 

  回答を見る »

2022年7月12日

 当社は、従業員の出張時に旅費規程に基づき「日当」を支給しています。
 消費税の取扱いについての確認です。

 この日当は主に交通費・宿泊費に充てられますが、軽減税率対象の飲食料品の購入にも充てられる場合もあります。

 この日当は後日実費精算のため精算書等の提出をするものではありませんが、適用税率はどうなりますか?

  回答を見る »

2022年6月8日

 当社は、法人Ⅹ社の100%子会社です。

 当期の決算が確定し、モノ(現物)で配当することにしました。配当の源泉所得税は、どのように計算すればよいですか。

 また、金銭で配当する場合どのように計算すればよいですか。

  回答を見る »

2022年5月12日

 製造業を営む法人ですが次に掲げる費用は、製造原価に算入しないことができますか。

① 初年度特別償却の金額
② 機械の耐用年数の短縮の承認に伴う減価償却費の増加額
③ 法人税法施行令第60条の規定による増加償却の金額

  回答を見る »

1 2 3 4 17