あららぎ会計の視点論点

コロナ第二波

2020年8月6日

コロナウイルスの流行は、6、7月一旦落ち着いたと

おもわれましたが、最近は、また感染者数が急増しております。

この地方の中枢病院も、PCR検査待ちの人が増加していると聞きます。

より一層の警戒が必要ですね。

自分が、自分の会社が緊急事態になった時に、

どのような行動をとったら良いのか。

事前に想定して考えておかなければなりません。

慌てないように・・・

覚悟はちゃんと持ってなければ、初動が遅れてしまいます。

 

この状態は、いつまで続くのでしょうか。

祈る事しかできない。

自分たちにできることは、最大限やっていきたいです。

水害について

2020年7月13日

今年の7月は非常に多くの雨が降ります。

九州をはじめ、ここ岐阜県でも飛騨地方を中心に

大雨に見舞われています。

天気予報も当たらないくらいの大雨。

土砂災害。

災害に備えるのは、難しい。

自分が災害に合わないのが前提なのだから。

困った人に手を差し伸べたい。

ボランティアにいかなくても、自分にできる事。

ボランティアにいけるに越したことはないけども。

各地、

善意のボランティアも、たくさん集まっているみたいですが、

どのように効率よく働いてもらうのか、どう統治し指示していくのか

それも、難解な難しい問題があるみたいです。

 

上場株の動きに対してwhy

2020年6月1日

世界的なコロナウイルスの蔓延で、

経済がストップして、アメリカ等では、

失業者数が増加しているといいますが、

日経平均株価は、上昇しているみたいです。

この実体経済と株価の乖離はなんなのでしょうか。

ほんとうにわからない。

株の価値とは・・・

さて、これからの時代

2020年5月4日

コロナウイルスの蔓延で、

全国に緊急事態宣言が出されてから1カ月。

更に延長されることになりそうです。

いつまで続くのだろうか、この先大丈夫なのだろうか、

と不安な気持ちの経営者がたくさんいます。

人の動きを止めるのは、経済が停滞するという事。

なんとかして、

顧問先様のお役に立てるように、知恵を絞っていきたい。

 

大切なことは何か、見極める時代になってくるのだろう。

コロナウイルスどこかへいけ!

2020年4月8日

東京を初めとして、

非常事態宣言が出て、

人がとまって、

経済がとまって、

お金がとまってます。

 

神様、

いらっしゃいましたら、

なんとかしてください。

 

困っている顧問先様、たくさんいます。

出来ること、サポートしていきたい。

1 2 3 4 12