あららぎ会計の視点論点

寄付のススメ(一緒にどうですか)

2018年8月16日

日本では、甚大な災害が毎年のように起こっておりますね。
今年も、猛暑が続いてますし、1ヶ月前は、西日本を中心とした、豪雨災害がありましたね。
災害は、突然ですから、被災者の方は今も、とても大変な生活をなさっている事でしょう。

企業活動では、いかに利益を上げるのか、売上をあげるのか、ということを意識して行っております。
これは、当たり前で、そして、大切な事。

いかに収益をあげようか。

それと対比して、いかにお金を使おうか、という観点も大切なことですね。

どうやら、幸福度は、いかに使おうか、と考えている人の方が高いとか言われています。

さぁ、
ここは1つ、困っている被災者の為に寄付をしてみてはいかがでしょうか。

いかに使うか。

お国の為、皆さんの為に回るお金を、自らが能動的に渡したなら、自分の思考に転換が起こるかもしれません。

経営方針の実行

2018年6月9日

お客様の会社へ訪問した時、

壁には、経営方針や活動方針などといった言葉が

箇条書きで並べられていました。

素晴らしい言葉たちです。

 

その言葉たちに、

わたしは、そうだ!その通りだ!とおもい、

自分への参考にコピーを頂きました。

 

迷ったとき、どうすべきなのか、

どのようなアプローチをするべきなのか、

会社で共有しておく、という事は、大切です。

 

ただし、それが理想として現実と大きくかけ離れてしまっている場合、

会社全体への弊害があるのかな・・・と思いました。

例えば、

節約に努めましょう!と掲げられていた反面、社長は、派手な生活など・・・

全体の士気は、下がってしまうかもしれませんね。

法人設立前のご相談に来所されましてありがとうございます。

2018年4月21日

昨日、法人設立前の相談に弊事務所にご訪問頂きました方がいらっしゃいます。

 

ホームページを見て、飛び込みで来所されました。

これも、ひとつのご縁です。

ありがとうございました。

 

行政書士に法人設立の準備をお願いして、進めるところでしたが、

税務上の注意点を確認したいと来所されました。

 

結果として、

法人設立は、延期となりました。

 

個人事業と法人事業を比べ、本当に法人としてスタートしていくべきか、

メリット、デメリットを並べて、

きちんと検討をしたのかどうか。

 

他の税理士や行政書士さんで、心がない専門家であれば、

法人設立し、目先の利益優先で、顧客の要望を丁寧に紐解かない、

そんな方も中にはいらっしゃいます。

 

当事務所は、

むやみに法人設立を勧めません。

 

何が最善の選択なのか。

一緒になって考えてゆきます。

明けましておめでとうございます

2018年1月3日

2018年。今年も一年がスタートしました。

 

顧問先様の為に、

精一杯謙虚な努力を続けていきます。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

秋の税務調査

2017年11月13日

9月から12月にかけて、私どもが関与させて頂いている

顧問先様に連続で税務調査が行われています。

たまたま重なってしまいましたね。対応に忙しいです。

 

顧問先様。不安でしょうが、安心して下さい。我々がついてます。

 

さて、

我々の信念として・・・

『理屈に合わない修正は、絶対に行わない』

ということ。

 

よく税務調査には、

おみやげとして多少の修正税額を支払わなければいけないと

思っている方が多くいます。

 

納得はしていないが、しょうがないか・・・

税理士も、税務調査官の言いなり、まるで反論もしない頼りない人がとても多い。

むしろ、そういった税理士倫理を持っていない人の方が多いのか。

 

我々、

常に、法に基づき、納税者の権利を守る事を意識しております。

 

「数万円の修正税額だから、ここは丸く、穏便に調査官のいう事を聞こう」

なんて、これっぽっちも思いません。

 

 議論は尽くせるまで議論をします。

 先日も数万円の修正を拒否しました。

 

 自主申告制度の趣旨を理解し、堂々と拒否をすればいいのです。

 

 納税者に寄り添っていきます。

 この気持ちは、絶対に譲れないのです。